スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

受けの基本がとてもよく理解できました

上段攻撃に対して防御となる上段上げ受けは、しっかりと拳を握って相手の攻撃を跳ね上げるようにするように気を付けるようになりました。

中段外受けは、前腕を斜め上から斜め下に打ち下ろすような形での受けになり、突きを上手に外すコツがとても良く分かりました。

中段内受けについては、腰の捻りを上手に使いながら、突き、蹴りを外す事を今まで以上に心がけるようになりました。

下段払いも、腰の捻りを効かせることがとても大切であることがしっかりと理解できてきました。

とても、受けについては、自信が持てるようになります。

詳細はコチラ  空手・最速上達法の評判

攻撃した時のカウンターの心配がなくなりました

相手に先に攻撃した場合にカウンターの心配が大分なくなりました。

正しい突きのタイミング、距離についても理解できるようになりました。

これで、攻撃に最適なタイミングがよく理解できるようになりました。

詳細はコチラ  空手・最速上達法の評判

フェイントの効果的な使い方

刻み突きを利用して、相手を動かないようにしたり、相手に受けの姿勢をとらせるなどしてフェイントとする方法がよく理解できます。

そして、次の攻撃に如何に繋げるかまでがとても良く分かります。

フェイントとわからないように、次の攻撃を相手にわからないようにする方法が出来るようになります。

詳細はコチラ  空手・最速上達法の評判